ゼロの日常

ゼロの日常26話ネタバレ感想|チート発動の安室さん「ゼロじゃない」

ゼロの日常26話『米花ライスフラワーズ』のネタバレ感想です。(2019/1/30発売・少年サンデー2019年9号掲載)

今週のゼロティは完全に野球漫画(笑)ですが、めちゃくちゃ面白いですよ!

安室さんは出る漫画を間違えてるレベルのチート発動だし、風見は良い味出してるし、キャラ大集合だしメタネタもあるし…の豪華回です。

今までのエピソードの中でも、かなり好きなタイプのお話です!

 

ゼロの日常26話ネタバレ感想

以下、ネタバレを含む感想です。ネタバレNGな方は注意してください。

確かに風見=飛田さんだ

風見は昔野球少年だったんですね。言われてみると野球部っぽい…!絶対サッカー部じゃなくて野球部だ風見は。

そして風見の偽名!飛田(ひだ)って(笑)確かに風見は飛田さんで間違いないけどね。突然の中の人ネタで笑いました。

梓ちゃんへの「よくある顔なので…」っていう返しも最高に好き!風見はほんと良い味出してます。

今回は、今までゼロティに出てきたキャラ大集合って感じで良いですね。

安室さんと風見の他に、小倉店長、彩代ちゃん、梓ちゃん、栗山さん、鶴山のおばあちゃま、柚嬉ちゃんまで!来週アキラの飼い主出てこないかな。

彩代ちゃんがピッチャーなの良い人選ですね。ユニフォーム似合うし、学生時代ソフト部っぽい感じがします。

小倉店長がキャッチャーなのも納得ですね。梓ちゃんが野球できるのは意外でした!

 

安室さんのチート発動で「ゼロじゃない」

安室さんの三振は絶対本気じゃないような気がするけど、どうなんでしょう。「速すぎて見えませんでした~」も「僕は本気だよ…」も、なんか胡散臭い(笑)

「僕は本気で普通を演じているよ…」ってことなんでしょうか。斉木楠雄ですか?

今回も安室さんのチートっぷりがすごいですね。安室さん、たぶん出る漫画間違えてます(笑)

投げる時の目つきがヤバイので、このチート返球の時は本気なんでしょうね。

安室さんのチート返球でひとまずピンチは逃れたけど、彩代ちゃんのケガで形勢は圧倒的に不利!煽ってくる相手チームのオジサン!勝ったらラーメンってのが小物感あって最高

そんなチームの暗いムードを変える安室さんの一言は「ゼロじゃありませんから…」。

いやー、まさに『ゼロの日常』に相応しい締め方ですね!びみょ~に福山さんの『ZERO』に被せてる感もあって好きです(^^)

 

コナン本編設定のバランスが絶妙

今回、コナン本編の設定が生かされつつしっかりゼロティらしさが出ていた気がします。

例えば小五郎のオッチャンはコナン本編でも実際に草野球に参加したというくだりがあります。

小倉店長の移籍したきっかけになったラーメン小倉の移転も、コナン本編での設定が忠実に反映されています。

一方で鶴山のおばあちゃまみたいなゼロティのオリジナルキャラが登場したり、風見に先週のゼロティのエピソードを回収させたりと、ゼロティならではの持ち味もしっかり出ています。

このようにコナン本編とゼロティの要素のバランスが絶妙なのが素晴らしいです!面白さと安定感を両方感じました。

風見の一言や中の人ネタなど、クスッと笑える描写もあります。そんな中でも安室さんが締めるとこ締めてしっかり主役を努めてるのも良いですね。

それに加えみんなで野球をする一体感、スポーツならではの動きのある絵、相手チームとの確執という日常の中のドラマなど、読んでてワクワクする要素も盛りだくさんで、本当に面白かったです!

 

ゼロの日常26話まとめ

以上、ゼロの日常26話『米花ライスフラワーズ』のネタバレ感想でした。(2019/1/30発売・少年サンデー2019年9号掲載)

ゼロの日常26話を一言でまとめると…『安室さんチート発動で勝つ可能性はゼロじゃない!ゼロティキャラ大集合の豪華熱血野球回』でした。

安室さんがチート発動(定期)で締めるとこ締めつつも、風見は笑かしてくれるしいろんなキャラ見れるし練習試合なのに熱い野球ドラマが繰り広げられてるしで、本当に楽しめました!

個人的に、26話は今までのゼロティの中でもかなり好きな回になりました!来週の後半戦、反撃開始の日常も楽しみです。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!少しでも楽しんでいただけたら幸いです(^^)

前←ゼロの日常25話ネタバレ感想|風見、ラーメン小倉でドヤ顔の巻

ゼロの日常27話ネタバレ感想|降谷選手監督の活躍で反撃開始!→次

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください