ゼロの日常

ゼロの日常6話感想ネタバレ|敏腕秘書・栗山緑登場!

 

ゼロの日常6話『舌をかまないように』のネタバレ感想です。(2018/6/13(水)発売・週間少年サンデー28号掲載)

安室さんキャラクター紹介の欄で『トレーニングは、河原でするタイプ』とか書かれてて笑ったw

 

敏腕秘書・栗山緑が初登場!

※以下ネタバレを含む感想です。ネタバレNGの方は注意してくださいね。

 

6話のゲストは、映画「ゼロの執行人」で突然コナンさんに「緑さん!」と呼ばれてたことでお馴染み(?)妃法律事務所の敏腕美人秘書・栗山緑さん♡

引用:名探偵コナン51巻 ©GOSHO AOYAMA 2015

 

栗山緑さん、映画では境子先生も認めざるを得ないほどの敏腕秘書っぷりを発揮していて間違いなくデキる女

 

なのに英理さんのオッチャンに対するツンデレを内心ニヤニヤ楽しんでたり、英理増殖回ではコナンさんに「もしかしたら栗山さんがふざけてメッセージ送ってきたかも…」と言わしめていたりするので意外とおちゃめさんな性格と思われます。普段からイタズラ好きだったりするのかな…

 

そんな魅力溢れる栗山さんですが、本編での登場回数はかなり少ないです。そういうキャラがめいっぱい活躍する話ってスピンオフならではって感じで、6話は最高の人選だと思いました!これぞスピンオフの醍醐味

 

だって、本編で安室さんと栗山さんの絡みとか絶対見れないと思うもん。こういうの待ってました…!新井先生青山先生ありがとうございます!

 

今回のゼロの日常(ティータイム)6話で改めて栗山さんちょっとおちゃめなのかなーと思ったのが、ポアロで安室さんと梓ちゃんに向かってピースしてダジャレもノリノリで言っちゃってるところ。

 

やや天然の梓ちゃんですら苦笑いしてるし、安室さんの顔も20000%営業スマイルなのすっごい笑いましたw普段バリキャリ美人秘書のこんなオフショット、かわいいが過ぎるぞ栗山緑…!

 

ストーリーの進行上仕方なかったのか栗山さんの意外な一面なのかわからないけど、時間を間違えたところは自分のイメージと少し違いました。いくら仕事じゃないとはいえ、栗山さん秘書だしその辺はしっかりしてると思うんだよなー。※個人の意見です。原作と解釈違いとか言うつもりではないです

 

悪魔のようなドライブテク!

安室さん運転中に車オタっぷりをいかんなく発揮してペラペラうるさい(←褒めてる)のと、子供助けるシーンのテクがすごすぎて笑いましたw

 

子供に対する対応、「おまわりさん」って感じで良かった!もし安室さんが交通課に配備されてたらあんな感じで子供に接するのかな…?なかなかレアかも。

 

トンネルのシーンは、迂回しろって言われてるのにそのまま行っちゃって大丈夫なの?wってめちゃくちゃ気になりましたが、映画のあのシーン・安室さんのあの表情を漫画でも見れて楽しかったです!

助手席に乗ってるのが映画だとコナンさんで、漫画だと栗山さんっていうのも面白かった。

 

栗山さんは終始叫んでて大変そうでしたねw安室さんの言葉聞いて、顔赤らめて「う…お…//」って謎のうめき声あげてるシーンは、本編では見れないであろう栗山さんの一面が見れて良かったです(*^^*)b

 

逆に涙ぐむシーンは少し子供っぽく見えて、ちょっと違和感を覚えたかなー。※個人の意見です。原作と解釈違いとか言うつもりではないです

 

最後栗山さんの脳裏に悪魔のドラテクが走馬灯のように蘇って、安室さんからの送りの申し出を逃げるように断ってたのもキレイなオチでした!

安室さんも「なんで?」みたいになってるの笑ったw安室さんにとってはあれくらい日常茶飯事ということなのだろうか…w

 

「緑さん」呼びに関する妄想

※勝手な妄想です。

『ゼロの執行人』を見たときからすっごく気になってたのが、冒頭にも書いたコナンさんの突然の「緑さん」呼び。そして今回、安室さんもナチュラルに「緑さん」て呼んでるしw

 

コナンの女性キャラは「下の名前+さん」で呼ばれることが多いですけどね。今まで原作でもアニメでも「栗山さん」と呼ばれてたのが映画で突然「緑さん」だったのでドキッとしちゃいました!

映画はパラレルっていう説もあるしな…と思っていたら今回スピンオフでも「緑さん」だったのでびっくりしました。

 

きっと本編の幕間で、コナンさん、安室さん、梓ちゃんと栗山さんとの交流があったんだろうな…

例えば英理さんが毛利家に用事があって送った帰りとか、逆に英理さんを迎えにきたり預けてたゴロちゃん迎えにきた時とかにポアロ使ってたのかな?

ハムサンドもリピートしてる様子だったし、ポアロの2人とも打ち解けてる雰囲気だったし!

 

映画では新一の電話で本格的に羽場の資料を集めていることから、コナンになる前の新一とも交流があったこと、更に言うなら新一に信頼を置いているんだろうなっていうのも推測できる。

もしかしたら蘭と新一が小学生の頃、両親ズが忙しい時とかたまに二人の面倒見てたのかな?

 

逆に、新一から電話で栗山さんが動いたっていうのに違和感を持たせないために、幕間で交流があったと視聴者に推測させるよう敢えてコナンさんに「緑さん」って呼ばせてたとも考えられるか…。

 

まぁ、たぶん実際のところ【栗山さんの呼称はそこまで重要じゃない・どっちでもいい】っていうだけだと思うんですけどね(笑)ポアロの窓の文字や看板が固定されてないのと同じように。

 

いちファンの勝手な妄想でした!

 

まとめ

以上、ゼロの日常6話『舌をかまないように』の感想・ネタバレでした(2018/6/13発売・週間少年サンデー29号掲載)

 

敏腕秘書・栗山緑がフィーチャーされている、まさにスピンオフの醍醐味!といった回でした~

 

7話は睡眠の秘訣がわかるってどういうことだろ。寝具にすんごい拘ってるのかな…。安室さんトゥ〇ースリーパーとか使ってそうw

7話は風見と安室が大〇家具あたりで寝具を選ぶ回、枕の重要性について安室が風見にペラペラ語る回と予想!(たぶん違う)

 

最後までご覧いただきありがとうございました♪

 


 

ゼロの日常5話感想ネタバレ|風見裕也はおじさんかわいい!

ゼロの日常7話感想ネタバレ!警察学校組登場で辛すぎる…

 

カテゴリー:「ゼロの日常感想」の記事一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください